理事長ごあいさつ

2019年6月に理事長に選任されました大代でございます。60年余りの歴史を持つ当法人の、創設者である故廣瀬清藏理事長より、福祉のいろはを学び、福祉への情熱を教わりながら歩んで参りました。 現在当法人は、 ・児童のための3施設 ・高齢者のための9施設 ・障がいをお持ち方のための8施設 ・生活・健康を守るための3施設 を主な事業所として、500名を超える職員が日々ご利用者の生活の支援に、一生懸命従事して下さっています。
2017年には社会福祉法改正により「経営組織のガバナンス強化」「事業運営の透明性の向上」「財務規律の強化」「地域における公益的な取組を実施する責務」「行政の関与の在り方」「福祉人材の確保の促進」といった社会福祉法人自体の改革を対象とした制度改正が行われました。 これらの改正に真摯に取り組みながら、法人設立の原点に立ち戻り、ご利用者・ご家族の皆様の幸福と自立支援に向け、役職員一丸となって取り組んで参りまので、これまで同様ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

社会福祉法人黒松内つくし園 理事長 おおしろたか

2019年6月に理事長に選任されました大代でございます。60年余りの歴史を持つ当法人の、創設者である故廣瀬清藏理事長より、福祉のいろはを学び、福祉への情熱を教わりながら歩んで参りました。 現在当法人は、 ・児童のための3施設 ・高齢者のための9施設 ・障がいをお持ち方のための8施設 ・生活・健康を守るための3施設 を主な事業所として、500名を超える職員が日々ご利用者の生活の支援に、一生懸命従事して下さっています。 2017年には社会福祉法改正により「経営組織のガバナンス強化」「事業運営の透明性の向上」「財務規律の強化」「地域における公益的な取組を実施する責務」「行政の関与の在り方」「福祉人材の確保の促進」といった社会福祉法人自体の改革を対象とした制度改正が行われました。 これらの改正に真摯に取り組みながら、法人設立の原点に立ち戻り、ご利用者・ご家族の皆様の幸福と自立支援に向け、役職員一丸となって取り組んで参りまので、これまで同様ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

社会福祉法人黒松内つくし園 理事長 おおしろたか

基本理念・経営の原則・倫理綱領

基本理念

定款第1条の規定により社会福祉事業の健全な維持振興に留意し、法人の倫理綱領に従い、福祉サービスを利用するものの本意に立ち民主的かつ公正な運営を行うものとする。

経営の原則

この法人は、社会福祉事業の主たる担い手としてふさわしい事業を確実、効果的かつ適正に行うため、自主的にその経営基盤の強化を図るとともに、その提供する福祉サービスの質の向上並びに事業経営の透明性の確保を図り、もって地域福祉の推進に努めるものとする。

倫理綱領(平成25年4月1日施行)

前文

私(わたし)たち役職員一同は、創立の理念を実現し、民間社会福祉事業の発展に努めます。

第1条 利用者主体

私たちは、自由と平等の精神に則り、利用者主体のサービスを提供します。

第2条 自立支援

私たちは、利用者の自立支援を目的とし、常に利用者の幸せのために努力します。

第3条 専門性

私たちは、利用者の生命(いのち)と生活(くらし)を守るため、専門的な知識・技術の  習得に努めます。

第4条 社会貢献 

私たちは、地域住民の一員として、新しいニーズに対応し社会に貢献します。