うえ
共同生活援助事業
つくしホーム
ありがとうを叶える
〒044-0004        
倶知安町北4条東1丁目1番地13
TEL 0136-55-8816 
FAX 0136-55-8816 

事業所の紹介

 つくしホームは、障がい者の方で何らかの支援を必要とされる方が、生活するため利用できる事業所で、4つのグループホーム(かぜ・そら・ほし・ゆめ)を戸建て住宅にて提供しています。
 利用されている皆さんは、自分のライフスタイルにて毎日を過ごします。 日中は一般企業にて勤務する人や事業所へ通う人など様々です。
 地域の一員として生活するために必要な食事の提供や金銭・健康の支援、整理整頓や掃除などの助言や緊急時の対応などの援助により自立生活を送ります。

施設の概要

施 設 長 大代 貴輝
開設年月日 2011年10月1日
定   員 20名(男性15名、女性5名)
規模・構造 木造2階建、3棟
(法人所有1棟、賃貸住宅2棟)
E-mail m.nakata@tsukushien.or.jp

施設が目指すもの

 利用される皆さんは、それぞれ自立生活に向けた考え方が異なります。 ですから、個々のニーズをよく知るためのコミュニケーションに努め、充実した生活が送られるよう適切な相談・援助や調整・対応を行います。 利用者の皆さんに寄り添う支援を目指しています。

入所の条件・方法

 知的障害・精神障害者手帳を取得されている方が対象となります。 入居されたい方は、共同生活援助サービス利用の手続きを、所管する市町村にて行うことが必要です。 当事業所では、利用までの流れをお知らせすることはできます。また、事前相談により体験利用をすることができます。

一日の流れ

<勤務日>
起床 → 朝食 → 出勤 → 帰宅 → 夕食、入浴、洗濯等 → 就寝 (時間は個々によりことなります)

<休日>
起床 → 自由時間(食事、買い物、カラオケ、掃除等)→ 就寝   (時間は個々によりことなります)

生活について

 基本的には自立生活が自立している方に限ります。一部の介護を外部サービスにより受ける事により生活できる方は利用できます。

食事について

 食品等アレルギーや、医師の指導による食品への配慮などを行っています。

職員からのメッセージ

〇利用されている皆さんが、自分らしくの過ごせるよう支援に努めます。
〇個々の生き方を支えられるような支援をしたいと思います。

年間の主な行事

 3月と10月に避難訓練を行っています。
避難訓練(通報訓練)

自治会環境衛生活動

施設の設備

グループホームかぜ(1階)
グループホームそら(2階)

グループホームほし

グループホームゆめ

ページの先頭へ

トップページへ

大地の写真