うえ
 共同生活援助事業 グループホーム

「いずみ」「すずらん」「ひまわり」
     「さくら」「すみれ」



しりべし学園成人寮には5ヵ所のグループホームがあります。

グループホームとは

「グループホーム」とは、数人と一緒に暮らしながら「世話人」の援助を受けつつ、自立しながらその人らしい生活を確立する場所です。 黒松内つくし園のグループホームでは、「障害者支援施設 しりべし学園成人寮」がバックアップして知的障がい者の支援を行っております。

施設の概要


施 設 長  遊部 眞澄

 いずみホーム
開設年月日 平成9年10月1日
定   員 8名

 すずらんホーム
開設年月日 平成13年10月1日
定   員 4名

 ひまわりホーム
開設年月日 平成17年10月1日
定   員 4名

 さくらホーム
開設年月日 平成17年4月5日
定   員 4名

 すみれホーム
開設年月日 平成21年8月1日
定   員 8名

作業や行事の風景

グループホームの皆さんは同事業所の「しりべしワークセンターセオス」で稼働しています。

毎年恒例の「しめ縄交流会」では、
地域の方々を対象にしめ縄の作り方を伝授し、
自らが作った「世界で1つだけのしめ縄」を
差し上げています。(地域貢献事業)




しめ縄の出張販売です。

毎年恒例、町民センター大ホールで開催される
地域の方々との「年越し交流会」です。
(地域貢献事業)


交流会の食事はグループホームの皆さんが
朝から一生懸命作ってくれました。


グループホームの皆さんを中心に、
毎年札幌ドームで開催される
「ティーボール 北の甲子園大会」に
参加しています。




ページの先頭へ

トップページへ

大地の写真